eBayに商品を出品する時のUPCコードの調べ方とは

eBayでは出品する商品ジャンルによってはUPCコードの入力が必須になっています。

UPCコードが必須ではない商品の場合、『Does not apply』を選択することができますが、極力UPCコードは入力するようにしてください。

今日は商品のUPCコードの調べ方と、UPCコードを入力した方が良い理由をご紹介します。

UPCコードとは

UPCコードとは、米国の流通コードセンターが付番する12桁の商品識別番号のことです。

UPCコードで、その商品のメーカーや属性などが分かるようになっており、商品ラベルやパッケージ上にバーコードで印字されています。

eBayの公式アナウンスでは、

商品識別番号(Product identifiers)は以下の情報から構成されます。

  • Brand:商品ブランド名
  • Manufacturer Part Number (MPN):製品番号
  • Global Trade Item Number (GTIN):国際標準の商品識別コード。JANコードやUPCコード(Universal Product Code)、EANコード(European Article Number)が含まれます。

となっていますので、日本人セラーの場合、JANコードASINコードを入力してください。

JANコードとは、『Japanese article number』の略で、国際的にはEANコードと呼ばれ、アメリカ、カナダにおけるUPCコードと互換性のある国際的な商品識別コードのことです。

ASINコードとは、『Amazon Standard Identification Number』の略で、アマゾン内の商品を識別する10桁の商品識別コードのことです。

eBayでのASINコード採用については、下記の記事をご覧ください。

AmazonとPayPalが決済システムの提携で交渉中というニュースがありました。 今月1日に発表されたニュースですが、情報収集と情報...

UPCコードを入力するメリット

eBay出品時にUPCコードを入力するメリットは、

商品検索時に上位表示される

eBayでは商品出品時に多くの項目を入力した方が、商品検索で上位に表示されやすくなります。検索結果で上位表示されるということは、それだけバイヤーに対して露出が増えるので、商品が売れやすくなります。

商品の出品作業を短縮できる

eBayの商品カタログに登録されている商品を出品する場合、最初にUPCコードを入力し該当の商品を選択するだけで、画像や正確な商品情報をそのまま利用できるため、商品の細かい仕様などを入力する手間が削減され、eBayへスピーディーに出品することが可能になります。

商品レビューを利用できる

eBayの商品カタログに登録されている商品の場合、商品に対するレビューを利用できる場合があります。商品レビューは、バイヤーにとってより商品を落札する上で非常に参考になる情報となるため、商品が売れやすくなる可能性があります。

UPCコードの調べ方

UPCコードの項目は、日本人セラーの場合、JANコードASINコードを入力してください。

ASINコードは、アマゾンの商品ページにある『登録情報』で確認できます。

UPCコードの項目はASINコードを入力したら良いのですが、もしJANコード入力したい場合は、JAN/EANコード検索サイトを利用します。

http://askillers.com/jan/

先ほどのASINコードを入力して検索すると、その商品のJANコードを表示してくれます。

まとめ

UPCコードは、新品だけでなく中古品の場合も入力してください。

UPCコードは、JANコードを調べなくてもASINコードを利用できるのは大きなポイントです。

今まで、未入力だったり『Does not apply』を選択していた方は、eBayの検索結果で上位表示させる為にも、ぜひUPCコードの項目は入力してください。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする