Private Listing の設定方法とその効果とは

あなたがeBayに出品している商品ラインナップをライバルセラーに真似され、商品が売れにくくなった経験はありませんか?

eBay輸出を続けていると、ライバルセラーがあなたの評価(Feedback)から販売履歴を調べ、同じ商品ラインナップを出品してくることがあります。

今日は、プライベートリスティング(Private Listing)の設定をして、評価(Feedback)から、あなたが販売した商品名と価格をライバルセラーに知られないようにする方法をご紹介します。

プライベートリスティング(Private Listing)とは

プライベートリスティングとは、おもに高額商品やアダルト関連商品などの出品時に、バイヤーの身元を匿名のままにしたい場合に使用するオプション機能です。

最近では、販売した商品名と価格をライバルセラーに知られにくくするために、あえてプライベートリスティング(Private Listing)にしているセラーが沢山います。

また、日本人セラーの出品傾向を調べてみると、高額商品ほどプライベートリスティングで出品される割合が高くなっています。

通常、セラーの評価(Feedback)に、そのセラーが販売した商品や価格などの情報が表示されます。

しかし、プライベートリスティングで出品して落札された場合は、評価を見ても Private と表示され、セラーが販売した商品と価格が分からないようになります。

プライベートリスティングのメリットとデメリット

プライベートリスティング(Private Listing)を使用するメリットとして、あなたの評価(Feedback)を見られても、販売した商品名と価格をライバルセラーに知られないようできます。

なお、プライベートリスティングに設定しても、Advanced Search を使えば何を販売したか調べることができるので、完全に隠すことはできません。

プライベートリスティングのデメリットは、評価(Feedback)に販売した商品名が書かれなくなるので、他のバイヤーに対して宣伝にならないということです。

プライベートリスティングの設定方法

プライベートリスティング(Private Listing)は商品の出品時に設定します。
出品ページの Selling details にある、Private listing にチェックを入れてください。

プライベートリスティングの設定は以上で完了です。

まとめ

プライベートリスティングに設定しても、Advanced Search を使えばセラーが何を販売したか調べることができるので、完全に隠すことはできません。

プライベートリスティングの設定は、あくまで評価から自分の販売履歴を隠せるだけです。

私の場合は、レア商品を出品する場合にプライベートリスティングに設定しています。

プライベートリスティングは、評価から自分の販売履歴を隠せるメリットはありますが、同時に、バイヤーがあなたの評価を見た時に、販売した商品情報が何も表示されないというデメリットもあります。

一度設定してみて、プライベートリスティングの方が売り上げが伸びるようであれば、商品ラインナップの全てをプライベートリスティングにすることをオススメします。

原価0円!無料で仕入れる!0円で仕入れる方法とは

日本では0円の商品でも、海外は高額で取引されている商品は沢山あります。

しかし、初心者のうちはどんな商品がeBayで売れるのか、どんな商品がeBayで人気があるのかわかりません。

もし、0円で仕入れることが出来れば、仕入れのストレスがなくなり、売った分だけ利益になりますので、自ずと仕入れが楽しいものになりストレスから解放されます。

0円で仕入れる方法とは何なのか、0円で仕入れて高額で売れる商品はどんなものなのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

0円仕入れマニュアルの詳細は下記のページでご紹介しています。

0円で仕入れる方法とは何なのか、0円で仕入れて高額で売れる商品はどんなものなのか?
0円で商品を仕入れてeBayで稼ぐ方法をご紹介します。

 

初心者でも月収100万円を稼ぐ方法とは

eBay輸出で月収100万円をコンスタントに稼ぐには、1回の販売で大きく稼げる商品を効率よく出品することが必要です。

稼ぎ方を知らなければいくら出品しても大きく稼ぐことは出来ません。自己流のリサーチ方法や出品方法では月収100万円に到達することは絶対に不可能です。

eBay輸出で稼いでいる多くのセラーが稼いでいる方法は下記のページでご紹介しています。

eBay輸出で思うように稼げなくて悩んでいませんか?

当サイトでアンケートを取ったところ、毎月5万程度しか稼げていない方が大半でした。…

 

シェアする

フォローする