過去の平均落札価格と落札率、現在の平均出品価格を知る方法

先日の記事で過去の価格推移が簡単に分かる無料ツール「bidvoy」をご紹介しました。

これまでの価格推移が分かれば、今後どのように価格が推移してくか予測でき、販売価格設定の参考になります。

しかし、「bidvoy」は過去のデータを見ることはできますが、現在出品されている商品の平均出品価格は表示されません。

今日は過去の平均落札価格と落札率、現在の平均出品価格を簡単に知ることのできる無料ツール「CheckAFlip」をご紹介します。

CheckAFlipとは

https://www.checkaflip.com/

CheckAFlipは、その商品が売れやすいか(需要があるか)、いくらで売れるか(売上予測)教えてくれる無料サービスです。

また、CheckAFlipは新品・中古品で絞り込むこともできるので、中古品のeBay輸出でも役に立つツールです。

ちなみに、CheckAFlipはスマホ対応なので、出先で平均落札価格や平均出品価格を調べる際にも便利です。

CheckAFlipの使い方

CheckAFlipの使い方は、New(新品)・Used(中古品)を選択した後、検索窓に商品名やキーワードを入力して検索するだけです。

例えば、「PS4」と検索するとPS4本体以外にもゲームソフトや周辺機器まで含んだ価格が表示されます。本体の過去の平均落札価格や落札率、平均出品価格が知りたい場合は「PS4  Console」というように検索してください。

CheckAFlipの大きな特徴は、検索対象を新品・中古品で絞り込みが可能な点です。

中古品だけで絞り込めるので、中古品のeBay輸出を行う場合も活用できます。

また過去の落札率が分かるので、その商品は売れやすい商品かが分かります。

例えば、検索窓に「PS4 Console」と入力して検索した場合は以下のように表示されます。

まとめ

今日は、過去の平均落札価格と落札率、現在の平均出品価格を簡単に知ることのできる無料ツール「CheckAFlip」をご紹介しました。

eBayで過去の平均落札価格と落札率、現在の平均出品価格がわかると販売価格の設定や仕入れにも役立ちます。

CheckAFlipを先日ご紹介した無料ツール「bidvoy」と組み合わせて使うと、より一層リサーチの精度が上がります。

また、今日ご紹介したCheckAFlipは完全無料で、使用回数の制限もないので安心してご利用ください。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

初心者でも月収100万円を狙える驚きの方法とは

eBay輸出で月収100万円をコンスタントに稼ぐには、1回の販売で大きく稼げる商品を効率よく出品することが必要です。

eBay輸出の神と言われる「紙 直樹」さんや、eBay輸出のパイオニア「青木 尚士」さん、月収400万セラー「君嶋 哲弘」さんなど、多くのeBay輸出有名セラーが推薦しているeBay輸出で月収100万円稼ぐ方法は下記のページでご紹介しています。

eBay輸出で月収100万円をコンスタントに稼ぐには、1回の販売で大きく稼げる商品を効率よく出品することが必要です。

eBay輸出で1…

シェアする

フォローする