eBay輸出で長期的に安定して稼ぎ続けるための6つの方法

eBay輸出をされている方で、なかなか収入が増えずに悩んでいる方もいると思います。

eBay輸出は、初心者でも簡単に稼げますが、安定して稼ぎ続けるにはいくつかのコツが必要です。このコツを知らないと、売り上げが安定しなかったり、なかなか収入が増えません。

今日はeBay輸出で長期的に安定して稼ぎ続ける方法をご紹介します。

長期的に稼ぎ続けるための6つの方法

① 中古品を有在庫販売する

新品や無在庫販売の場合、ライバルセラーが多いので、儲かる商品を見つけるにはコツが必要がです。それに、無在庫販売でまとまった利益を出すためには、1,000商品以上出品する必要があります。

中古品は出品に手間がかかりますが、その分利益を獲れる商品が沢山あります。

また、在庫販売をリスクと考える方もいると思いますが、少ない出品数で効率良く稼ぐには、在庫販売がおススメです。

② 出品リストの20%を常に新規商品にする

ある程度再出品を繰り返しも売れない商品は、セット売りなどで早めに在庫処分し、新規商品と入れ替えてください。

新規商品はeBayで上位表示されやすいので、常に新規商品を出品し続けてください。

同じ商品をeBayに出品し続けていたら、いつまで経っても利益は増えません。

③ 70%の低価格商品と30%の高額商品を扱う

低価格商品は評価数を稼ぐには効果的ですが、まとまった金額を稼ぐには、薄利多売を極めるしかありません。
しかし、薄利には限界がありますし、eBayにはリミットがあるので、出品数にも限界があります。薄利多売で稼ぐには、リミットの上限をそうとう上げる必要があります。

ここで言う高額商品とは高利益商品のことです。
高額商品は高利益な反面、仕入れ値も高額なので、仕入れる数にも限界があります。

そこで、低価格商品で販売数(評価数)を稼ぎ、同時に高額商品を一定数扱うことで利益の底上げを狙います。

ここでポイントになるのが、同じジャンルの低価格商品と高額商品を扱うことです。

具体的には、カメラを扱う場合、高額商品とはカメラ本体で、低価格商品とは、カメラアクセサリーのことです。

④ 実験的な商品を無在庫出品する

eBayであまり売れないけど、売れたら利益が大きい商品(非定番商品)や、今後取り扱いたい商品を常に出品してください。

このような商品は売れるタイミングが読みにくいので、在庫を持たず無在庫で出品してください。
様子を見てコンスタント実験的な商品が売れそうなら、在庫販売に切り替えてください。

⑤ リピーターを育てる

過去に落札してくれたバイヤーのメールアドレスを保存している方もいると思いますが、そのバイヤーがどんな商品を落札したかまで保存していますか?

メールで集客する時、バイヤーに合わせて勧める商品を変えた方が反応率が上がります。

例えば、EFマウントの一眼レフカメラを購入したバイヤーに、Eマウント用のレンズを勧めても意味がありません。

⑥ セラーパフォーマンスを維持する

セラーパフォーマンスの維持は売り上げを増やす絶対条件です。

eBayでは評価が0.1%下がるだけで、売り上げは目に見えて落ちます。

ポジティブフィードバックを高確率で貰う方法は、下記の記事でご紹介しています。

eBay輸出で出品商品の表示順位や、売上げにフィードバックは大きく影響します。 しかし、eBayは商品を販売してもヤフオクほど評価がつきま...

まとめ

闇雲に出品しても収入は安定しません。
eBay輸出で安定的に稼ぐには、計画的な出品計画が必要です。

eBay輸出で安定した売り上げは、安定した仕入れ予算の確保にもつながります。

eBay輸出でなかなか収入が増えずに悩んでいる方は、今日ご紹介した内容をぜひ参考にしてください。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする