eBayキーワードツールを使ってバイヤーが何を探しているか調べる方法

eBay輸出の商品リサーチでは、「バイヤーが何を探しているか」を知ることが大切です。

日本と海外で価格差のある商品を見つけても、その商品に需要が無ければ売れません。

eBay輸出に有在庫で取り組む場合、いくら価格差があっても、eBayで需要が無い商品を仕入れてしまうと不良在庫になってしまいます。

今日は、「eBayキーワードツール」という無料ツールを使って、eBayでバイヤーがどんなキーワードで検索しているか調べる方法をご紹介します。

eBayキーワードツールとは

http://www.keywordtooldominator.com/k/ebay-keyword-tool/

eBayキーワードツールは、商品検索時に表示されるオートコンプリート(検索予測)の情報をeBayから取得して表示してくれる無料ツールです。

言い換えると、バイヤーがどんな複合キーワードを入力しているか教えてくれるツールです。

具体的には、検索キーワードに「japan ○○○○○」と入力した際の○○○○○の部分を教えてくれるツールです。

eBayキーワードツールの優れている点

eBayキーワードツールを使って表示される情報は、実際にeBayでバイヤーが検索したキーワードです。

eBayキーワードツールは、eBayから検索情報取得しているので、正確なキーワードを表示してくれます。

eBayキーワードツールの特徴

eBayキーワードツールは、実際にバイヤーが検索しているキーワードをランク別に表示してくれます。ランクは10段階に分かれており、ランクが高いということは、検索される頻度が高い(探している人が多い)ということです。

eBayキーワードツールの使い方

例えば、バイヤーがどんな日本製品を探しているか知りたい場合は、

検索窓に「japan」と入力して検索します。

検索結果が出るまで少し時間がかかりますが、左下の検索結果は下記のように表示されます。

Rankをクリックするとランク順に並び替えることができます。

検索結果をダウンロードできる

全てのデータまたは任意のデータを選択し、Add Selected to Your Keyword List をクリックすると右側の Your Keyword List に選択されたキーワードがコピーされます。

Download Selected Keywords をクリックするとエクセルで読み込めるCSV形式のファイルでダウンロードできます。

eBayキーワードツールのデータで注目する点

eBayキーワードツールで表示されたデータには、商品ジャンルや商品名が多く出てくると思いますが、中には具体的な商品名や型番が表示される場合があります。

画像のように、ランクも高く、具体的な商品名が表示されている場合は、売れ筋商品の可能性が高いので見逃さないようにしてください。

eBayキーワードツールの不便な点

eBayキーワードツールは、eBayの商品リサーチでとても便利ですが、無料で使う場合1日に使用できる回数に制限があります。

1日に使用できる回数は3回までですが、19.99ドルを払えば回数制限無しにできます。

しかし、1回の検索で多くのキーワードが抽出できるので、1日3回使えれば十分です。

まとめ

商品リサーチをするには商品名やジャンル、メーカーなどキーワードが必要になりますが、eBayキーワードツールを使えば実際にeBayで検索されているキーワードを教えてくれます。

商品リサーチのネタが切れた時や、全く別のリサーチ方法を探している方は、ぜひeBayキーワードツールを使ってリサーチしてみてください。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする