英国eBayは米国eBayより50%高く売れる

eBayはアメリカのeBayが一番有名ですが、世界中いろいろな国でeBayは展開しています。

eBayのアカウントは世界中のeBayで共有なので、アメリカebayのアカウントで他の国のeBayに出品できます。

今回の記事では、各国のeBayを様々な側面から比較してみます。

各国のeBayサイトの比較

30日間に落札された商品数

この図から見ると、アメリカeBayの落札数が多いので、オーストラリアのeBayの800万品は少ないように見えますが、800万品という数は十分凄い数です。

上の図はあくまで落札数なので、出品数はもっと凄い数字になると思います。

各国のeBayサイトの平均落札価格の比較

平均落札価格は、アメリカeBayよりイギリスeBayの方が高いという結果が出ました。
イギリスeBayはアメリカeBayより、平均落札価格が約50%くなっています。

この結果から、イギリスeBayは需要があるのに供給が追いついていないと考えられます。

各国のeBayサイトの落札率の比較

各国のeBayの中で、アクセス数はアメリカeBayが一番多いですが、出品数もアメリカeBayが一番多いので、出品数に対しての落札率が低くなっています。

ドイツeBayの落札率の高さは、ドイツ語という参入障壁のせいでライバルセラーが少ないからだと思われます。

もし、アメリカebayで思うように売れない場合は、翻訳サイトを駆使してドイツeBayへの出品も検討してみてはいかがでしょうか。

各国のeBayでもっとも平均落札価格が高いジャンル

各国のeBayで平均落札価格が高い商品ジャンルは違うようです。

ebay輸出は、当然ながら落札価格が高いほど利益を獲る余地があります。
副業でeBay輸出に取り組まれているセラーの場合、ebay輸出に取り組む時間に限りがありますので、薄利多売で利益を重ねるより、落札価格が高いジャンルを扱う方が効率的に稼げます。

新品と中古はどちらが売れる

このデータは、すべての国のeBayをまとめた結果です。
予想通り、eBayは中古品を売りやすい市場になっています。

eBay輸出では、どの国にも無在庫販売で新品を出品しているセラーが多いので、新品の出品数が多くなり落札率が下がってしまいます。
また、新品はAmazonなどで買うというバイヤーも多いので、中古品に比べ落札率が低くなっています。

eBayにはレア商品やビンテージ商品のコレクターが多く参加しているので、中古品は新品に比べ落札率が高くなっています。

まとめ

各国のeBayで様々な違いがあることがわかりました。

eBay輸出をしている人の多くはアメリカeBayのみ出品しています。
ライバルセラーが多くてなかなか売れない方、思うような金額で落札されない方は、ぜひアメリカ以外のeBayへの出品を検討してください。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする