カメラのショット数を調べる方法(Canon製カメラにも対応)

中古カメラをeBay輸出する場合、バイヤーからカメラのショット数を聞かれる事があります。

ショット数とは、シャッターを押した回数のことで、ショット数は、「レリーズ数」とも呼ばれています。

カメラが正常にシャッターを切れる回数(耐久回数)は各機種ごとに決まっています。
カメラの機種によって5万回〜40万回まで耐久回数が異なります。

ショット数はカメラのコンディションを判断するポイントの1つにもなっているので、eBayの商品ページにショット数を記載すると、バイヤーに安心して購入してもらえます。

今日は、カメラのショット数を調べる方法をいろいろご紹介します。

ショット数の調べ方

カメラのショット数は以下のサイトやアプリを使って簡単に調べることができます。

なお、撮影した画像を元にショット数を調べる場合、オリジナルのJPG画像か、純正の現像ソフトでRAW現像したJPG画像でなければなりません。
Lightroomなどで加工するとショット数データが無くなってしまいます。

ショット数.com

http://xn--xckyap6jx51z.com/

※Canon製のカメラはショット数.comでショット数を調べられません。

CAMERA SHUTTER COUNT

https://www.camerashuttercount.com/

※Canon製のカメラは CAMERA SHUTTER COUNT でショット数を調べられません。

EOSInfo(Canon製カメラ用)

EOSInfo は以下のアドレスからダウンロードできます。

Windows用:http://astrojargon.net/eosinfo.aspx

Mac用:http://astrojargon.net/40DShutterCount.aspx

このソフトは名前のとおり、Canon製カメラのショット数を教えてくれるソフトです。

使い方はとても簡単で、USBケーブルでPCとカメラをつなぎ、EOSInfo を起動した後、カメラの電源を入れるだけです。

そうすると以下の画像のような情報を表示します。

EOSInfo は他のソフトのように多くの情報は表示しませんが、Canon製カメラのショット数を調べることのできる貴重なソフトです。

しかし、Canon製ならすべてのカメラに対応しているわけではありません。

EOSInfo でショット数を調べることができる機種は、EOSInfo をダウンロードするページに記載されています。

Photo ME

Photo ME は以下のアドレスからダウンロードできます。(Windows対応)

http://www.photome.de/download_en.html

Photo ME は日本語対応なので直感的に操作ができます。

※Canon製のカメラは Photo ME でショット数を調べられません。

XnView

XnView は以下のアドレスからダウンロードできます。(Windows対応)

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/xnview/

XnView も日本語対応なので直感的に操作ができます。

※Canon製のカメラは XnView でショット数を調べられません。

まとめ

今日はショット数が調べられるサイトや、ソフトをインストールしてショット数を調べる方法までいろいろご紹介しました。

しかし、今日ご紹介した方法でショット数を調べることのできないカメラも多数あります。

そういったカメラのショット数を知るには、メーカーのサービスセンターに持ち込むしか方法はありません。

また、今日ご紹介したソフトは違法な物ではなく、私自身も使っていてます。
今までウィルス等の被害にはあっていませんが、ソフトのご使用は自己責任でお願いします。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする