eBayで再出品するとき Relist と Sell similer の違いとは

eBay輸出で商品が売れずに再出品する場合、eBayの再出品には2つの方法があります。

しかし、eBayの再出品には Relist と Sell similer という2つの方法があります。

この2つは表面上は同じように思えますが、実は大きな違いがあります。

今回はeBayで商品が売れずに再出品する場合 Relist と Sell similer の違いと、オススメの再出品方法をご紹介します。

Relist とは

Relist とは、純粋に再出品するという意味です。

再出品なので、Relist を行うと Unsold から商品が消えます。

Relist で再出品するメリットは、商品をウォッチリストに入れていたバイヤーに、再出品されましたと通知が届くので、再度ウォッチリストに入れてもらえる可能性があります。

しかし、Relist にはデメリットもあります。

eBayでは、売れなかった商品を何度も Relist で再出品すると、商品検索時の表示順位が下がってしまいます。

ちなみに、売れた商品を Relist で再出品した場合、検索結果で上位表示されやすくなります。eBayは過去に売れた実績のある商品を検索結果で優遇するからです。

Sell similer とは

Sell similar とは、同じような商品を新規出品するという意味です。

Sell similar を選択して再出品すると、全く同じ商品でも、eBay内では別の商品として認識されます。

eBayでは、新規出品された商品は、検索結果で上位表示されやすくなります。

Relist と違い、Sell similar を選択すると Unsold に元の商品が残りますので、Sell similar を選択した場合、重複出品にならないように注意して下さい。

商品の再出品にはどちらが良いか

売れなかった商品の再出品に Relist を選択している方が多いようですが、eBay輸出では、売れた商品の再出品は Relist、売れない商品の再出品は Sell similar を選択して下さい。

eBayでは、落札されずに何度も繰り返し再出品される商品より、新規出品された商品の方が上位表示されやすくなります。

eBayの表示順位については、下記の記事をご覧下さい。

eBayでは、出品されている商品の表示順決定にベスト・マッチという商品検索エンジンを使用しています。 eBay輸出では、ベスト・マッチ...

しかし、売れなくてもウォッチリストが多かった商品は、一度 Relist で再出品し、再度売れなかった場合は、Sell similar で再出品して下さい。

稼いでいるセラーの仕入先とは

Amazonやヤフオクから仕入れてもeBay輸出で稼ぐことはできますが、他のセラーが知らないところから仕入れることができたら、eBay輸出で簡単に大きく稼ぐことができます。

実際、eBay輸出で稼いでいるセラーの多くは、一般には出回らない倒産品や在庫処分品を格安で仕入れてeBayに出品し莫大な金額を稼いでいます。

では、eBay輸出で稼いでいるセラーはどうやって倒産品や在庫処分品情報を得ているのか?

あなたも非常に興味のあるところだと思います。

eBay輸出の仕入れに使える、倒産品や在庫処分品メールを受信する方法は下記のページでご紹介しています。

倒産品や在庫処分品は利益率が高いので、倒産品や在庫処分品を仕入れることが出来たら、ひとつの案件で大きな利益を得ることが可能です。
今日はたった1,000円で永続的に倒産品・在庫処分品情報をメール配信してくれるサービスをご紹介します。

 

シェアする

フォローする